#7、ジオラマケース オーダーメイド

Nゲージ用 複線[150cm×60cm] 現代風景と3線ヤード引き込み線のジオラマ用のケースについて紹介します。

鉄道模型をジオラマで楽しむ時に気になったことは、ホコリなどの侵入を極力防ぐためのケースを用意することでした。

 一概にケースと言っても [150cm×60cm] に合うサイズの保管ケースを何にするか、実のところいろいろ悩みました。

最初は布や段ボール加工などを施しジオラマ全体を覆うことで、手間もかけずコスト面からも手っ取り早い方法だと思いました。

ただ、せっかく手に入れたジオラマなので、鑑賞も兼ねた保管方法が理想的でした。

当然ながら鑑賞も兼ねると、アクリルケースが候補となります。

現実的に150cm×60cmのアクリルケースって…..

価格も心配ですが、この大きさのケースを実現させるためにはアクリルの厚みとその重さの問題から、現実的に取り扱える物ではありません。(一人で持ち上げるとも不可能でしょうね)

そこで、色々調べた結果、オーダーメイドで組み立て式のアクリルケースに辿り着きました。

 鉄道模型用のオーダーメイド組み立てアクリルケース

4角ネジ止めで組み立てます。

 このアクリルの組み立て式ケースの一番の特徴は分割してケースの取り外しが出来ることでした。

特徴1 天井は2分割させた蓋の形状になっており、蓋を取って使用します。

片側の蓋には取っ手があるので、簡単に取り外しが可能です。

 組み立て式アクリルケース 蓋の形状(取っ手)

 天井の蓋 左側を外した状態

 特徴2 ケース正面の取り外しが可能。

正面部分を窓になっており、取っ手を上にスライドして外します。

このことにより車両の出し入れが便利になりました。

正面部分 窓が閉まっている状態(取っ手付き)

 正面部分 窓が開いている状態

結果的に、ジオラマの鑑賞と保管が両立でき、鉄道模型を走らせる場合もケースを簡単に取り外しができる仕様になったことは、非常に満足しています。

しかしながら、オーダーメイドの為、コスト面についてはある程度の覚悟も必要となりました。

ゆくゆくは、ストラクチャーを日本の現代風景ヨーロッパ風景に変えてみたいと考えております。